2018-10-23

トサカゴケ?



 トサカゴケ Chiloscyphus profundus とヒメトサカゴケ C. minor はとてもよく似ています。 平凡社の図鑑では、前者は無性芽をつけず雌雄同株で、後者は無性芽をつけて雌雄異株であることで区別できるとなっています。 また出現頻度については、前者は「ふつう」に、後者は「もっともふつう」に見られることになっています。
 上の写真のコケは、生殖器官は見あたらず、雌雄同株か雌雄異株かは不明ですが、無性芽をつけていないので、トサカゴケということになります。
 無性芽の有無だけでは心配なので、『伊勢神宮宮域産苔類図鑑』(服部,1964)の両者の記載を比較すると、前者は後者より大形で、葉を含めた茎の幅は前者が 2.5mm、後者は 1.5mmということです。 写真のコケで測定してみると、1.5mmでした。 生長の悪いトサカゴケなのか、ヒメトサカゴケも必ず無性芽をつけているとは限らないのか、ますます分からなくなりました。
 しかし、伊勢図鑑を詳細に読み直すと、微妙な記載の違いがありました。 腹葉の幅は、前者が茎の1~1.5倍であるのに対し、後者は茎の1~1.3倍となっています。 また葉身細胞の図を見ると、トリゴンは前者の方が小さそうです。
 このこれらのことを念頭に、このコケを調べていくと・・・


 育っていたのは上のような切り株の上でした。 1枚目の写真は上の写真の中央上の黄色い四角で囲った部分です。 十分育っていない群落のようです。
 なお、このコケを指で擦ってにおいを嗅ぐと、ヒメトサカゴケのにおいがしましたが、トサカゴケでも同様のにおいがするのか否か、調べたのですが、これに関する記載は見つけられませんでした。


 上は腹葉です。 前に載せたヒメトサカゴケ(こちらこちら)に比較して、側歯が発達していて、茎の径の 1.5倍はありそうです。


 上は葉身細胞です。 これも前に載せたヒメトサカゴケよりトリゴンは小さいようです。

 以上の結果から、タイトルは「?」付のトサカゴケとしておきます。

(2018.10.3. 金剛山)

2018-10-22

ヤノネグサ


 ヤノネグサ Persicaria nipponensis は水分の多い所に生えるタデ科の1年草です。 堺自然ふれあいの森では水が入ったり干上がったりする沼地に生えていました。
 和名は葉の形から「矢の根」つまり鏃(やじり)に由来するようです。


 上は10月初旬の撮影です。 咲いている花の花弁に見えるのは、じつはガク片です。 そして、その周辺にあるのは、ほっそりしたものはツボミですが、少しふっくらしたものは中に果実が入っています。


 10月も下旬になると、ヤノネグサでも上の写真のように紅葉した葉が見られるようになります。 そしてその頃の花序(果序)を見ると・・・


 一見2枚目の写真とあまり違わないように見えますが、上の写真ではあちこちガク片が齧られていて、その中に見えるのは褐色の果実です。
 イヌタデ属のガク片は花後も残り、上の写真のように内部の果実を保護します。



2018-10-20

ネズミノオゴケ


 写真はネズミノオゴケ Myuroclada maximowiczii です。 山道のコンクリートでできた擁壁の表面で育っていました。


 枝は基物の表面を這う茎から出ています。 枝は葉が密に覆瓦状について円柱状です。 鼠の尾に似ているのは、この枝です。 



 葉はほぼ円形で、椀状に凹んでいるため、カバーグラスをかけると、少し破れてしまいました(上の写真)。


 葉身細胞は菱形~長菱形です(上の写真)。

(2018.10.3. 金剛山)

 上のケースでは蒴は見られなかったので、蒴をつけたネズミノオゴケも下に載せておきます。 2018.5.31.に奥入瀬渓流で撮った写真です。


◎ ネズミノオゴケはこちらにも載せています。

2018-10-19

ヤノネゴケ



 ヤノネゴケ Bryhnia novae-angliae は変異の大きいコケですが、写真のものもヤノネゴケのようです。 茎は不規則に分枝しています。 枝の幅は、葉を含めて1mm前後です。
 枝が一方に寄っているのは、育っていた場所(下の写真)で垂れ下がっていたためでしょう。


 上の写真は左下隅に流れが見えます。 ヤノネゴケはコンクリート製の溝の壁いちめんを覆っていました。


 上は枝葉です。 中肋はかなり上まで伸びていて、全周に細かい歯があります。 翼細胞は茎葉ほどはっきりしていません。
◎ 茎葉はこちらに載せています。


 葉身細胞は細長い六角形~線形で、背面の上端に小さな突起があります。


 上は蓋のついている蒴と帽です。 蒴柄は基部まで全面にパピラがあります。

(2018.10.3. 金剛山)

2018-10-18

シャジクモ


 写真は水中に生えているシャジクモ属の一種で、たぶんシャジクモ Chara braunii だと思います。 和名は上から見た時の様子が車軸に見えることからです。
 この仲間は、分類学的には緑藻にもコケ植物以上の陸上植物にも含まれず、独立した車軸藻綱にまとめられています。



 主軸も、そこから輪生状に伸びる部分も、節と節の間は多核体の非常に細長い節間細胞からできていて、節の部分は複数の節部細胞と呼ばれる小さな細胞からできています。 この節についている褐色の粒を顕微鏡下で(=透過光で)観察すると・・・


 褐色の粒に見えたのは雌性生殖器で、中にある1個の卵胞子が透けて見えています。 雌性生殖器の壁は、螺旋状にねじれて先端に突起を持つ5個の細長い細胞で構成されています。 下の写真は反射光で撮ったもので(深度合成しています)、雌性生殖器の壁を構成する細胞の様子が分かります。
 上の写真でも下の写真でも、この雌性生殖器の下に2個の丸いものも見えます。 これは有性生殖器(または造精器)で、中に精子を形成します。


 車軸藻類は陸上植物と合わせて(緑藻は含まない)、ストレプト植物と呼ばれています。 ストレプト(strepto-)はギリシア語で「螺旋」を意味しますが、これは精子が螺旋状にねじれていることに由来するもので、上記の雌性生殖器の壁を構成する細胞の螺旋とは関係ありません。

(撮影:2018.10.13.)