2020-08-08

ヘリトリシッポゴケ


 上の写真、蘚類はヘリトリシッポゴケ、苔類はミヤマホラゴケモドキだと思われます。 以下はヘリトリシッポゴケ Dicranodontium fleischeriana (と判断したコケ)の観察記録です。 昨日載せたユミゴケとは同じ属で、いろいろな点でよく似ています。


 上は湿った状態です。 葉は長さ5~6mmのものが多いようです。 茎の長さは、上の写真では1cmに達していませんが、茎の下部まで葉がたくさんついていてまだ若い株のようで、平凡社の図鑑では「茎は長く,ときに10cm。」と書かれています。 なお、本種でも葉は少し脱落しますが、ユミゴケほどひどくはありません。
 若い蒴がついていますが・・・


 上は乾いた状態です。 蒴柄が乾くと強くねじれ、湿るとハクチョウの首のように湾曲するのがこの属の特徴の1つで、このような若い蒴でもその特徴がはっきり見られました。
 葉は乾くと少し曲がりが強くなっているようですが、あまり大きな変化は無いようです


 上は葉の基部付近を斜め横から見ています。 基本的なつくりはユミゴケに似ていますが、葉鞘部の幅はユミゴケより広いようです。 やはり円筒状に丸まっていますので、これをカバーグラスで押さえつけると・・・


 上は葉の基部付近で、2枚の写真をつないでいます。 上に書いた理由で、葉鞘部の縁は左右とも少し折れ曲がっています。
 中肋と葉身細胞との境は明瞭です。 下の2枚は上の中肋の縁付近を拡大した写真です。



 葉の基部の中肋沿いには、大型で透明な細胞群が存在します。 このことが中肋と葉身細胞との境をはっきりさせている理由の1つでしょう。 上の2枚の写真は、どちらも中央が大型細胞で、その上が中肋です。 なお、上の2枚の撮影倍率は同じで、細胞の大きさが異なるのは場所の違いによるものです。


 葉鞘部の縁にも特徴があります。 上は縁の折れ曲がりが少し葉先側に寄った葉で、葉鞘部の縁が少し長めに観察できます。 下はその一部の拡大です。


 葉鞘部の縁には数列の細い線形の細胞があります(上の写真)。


 上は葉先の様子です。



 上の2枚は葉の横断面(一部)とその中肋部の一部の拡大です。 葉の横断面の特徴はユミゴケの場合とあまり変わらず、中肋の横断面では中央のガイドセルの上下にステライドが見られます。

(2020.8.4. 兵庫県佐用町)

2020-08-07

ユミゴケ


 朽木に育っていた上の写真のコケ、蒴と配偶体は同一種だと思って撮ったのですが、調べてみると、蒴はヨツバゴケ(葉は隠れてしまっています)で、配偶体はユミゴケ Dicranodontium denudatum のようでした。
 以下はユミゴケの観察結果です。 なお、ユミゴケの国内の分布は、平凡社の図鑑によれば、本州~九州の山地となっています。


 群落をよく見ると、たくさんの遊離した葉が見えます。 これらの葉は栄養繁殖に使われるのでしょうか。 なお、上の写真のあちこちにある褐色~緑色のものはヨツバゴケの無性芽器です。


 白い皿の上で写真を撮ったりした後を見ると、皿にたくさんの葉が落ちていました。 上はその葉を集めて撮った顕微鏡写真で、どうやらほぼ同じ所で切れているようです。


 上の写真のように、茎の下部の葉がとれて仮根のみになっているものもありました。


 茎の長さは1~2cm(上の写真のものは少し短かめです)、葉の長さは5~6mmです。 上の写真はすこし乾き気味で、葉が弓形に曲がってきていますが、和名はこのことに由来するようです。
 上の写真でも、茎の下方に枯れた葉が残っていますが、その上に葉の無い部分があり、この部分の葉は落ちてしまったのでしょう。


 上は葉の基部近くです。 葉は乾くと縁が寄って円筒状になるのですが、湿らせてもその傾向は残り、上の写真でもプレパラート作成時に片方の縁が大きく折れ曲がってしまいましたので、黒い線で折れ曲がった縁を示しています。
 下の2枚は、上の青い四角で囲った部分と赤い四角で囲った部分の拡大です。



 葉鞘部の縁の細胞は細くて薄壁です。 翼細胞は透明~褐色、大きくて薄壁で、しばしば上の写真のように耳状に下延します。 中肋は葉先にまで達しているのですが、葉身細胞との境が不明瞭なのも特徴の1つです。


 上は葉先近くの様子です。


 上は葉の下部の横断面です。 葉身細胞は1層で、複数の細胞が層を成しているのは中肋の部分です。 下は上の赤い四角で囲った部分の拡大です。


 中肋の横断面で中央のガイドセルの上下にステライドがあるのは、この属の特徴の1つです。


 上は葉の上部の横断面で、葉の下部と同様の中肋の構造があります。

(2020.8.4. 兵庫県佐用町)

2020-08-06

コウヤケビラゴケ



 濡れた垂直に近い岩壁から横に張り出すように育つコケがありました。


 思ったよりも枝分かれしながら大きく育っているコケでした。 葉の長さは 0.7mmほどです。


 顕微鏡で観察すると、方形に近い腹片が見えます。 腹片は背片の 1/2~1/3の長さです。 背片は全縁で、鋭頭~円頭が混じっていますが、上から2枚目の写真を見ても、多くは鋭頭でしょう。


 腹片の基部は茎をほとんど覆っていません。 キールは弓形に張り出しています。


 背片の葉縁ではあちこちで無性芽が作られています。


 葉身細胞は薄壁で、トリゴンは小さく、油体は各細胞に2~3個あります。

 以上の観察結果から、このコケは、コウヤケビラゴケ Radula kojana でしょう。 分布は平凡社の図鑑では秋田県以南となっています。

(2020.8.4. 兵庫県佐用町)

◎ コウヤケビラゴケはこちらにも載せています。

2020-08-05

シラヒゲソウ


 写真はシラヒゲソウ Parnassia foliosa var. nummularia で、大阪市の「咲くやこの花館」の高山植物室で 2020.8.2.に撮影しました。 本来の国内での分布は、本州、四国、九州の山地の湿地ですが、分布が限定的であることに加え、栽培目的の採集などの理由で、大変少なくなっています。

 本種はウメバチソウ科ウメバチソウ属に分類されています。 ウメバチソウは私の好きな花のひとつで、これまでに3度もブログに載せています。
  ウメバチソウの概略  オシベの変化  花蜜の分布に関して


 上はシラヒゲソウの花を上から撮ったものです。 花弁が細かく切れ込んでいる点は異なりますが、同じ属だけあって、花のつくりはウメバチソウとよく似ています。 オシベ10本のうち、実際に花粉を出しているのは5本で、残りの5本は仮オシベとなり、それぞれ途中で3本に分かれ、その先端は、いかにも蜜を出しているように見える黄色い小さな膨らみになっています。 またオシベは最初メシベを隠すように集まり、順々にメシベから離れて花粉を出していきます。 上の写真の右側の花では、まだ1本のオシベがメシベの柱頭を隠しています。


2020-08-04

アミホコリ




 写真はアミホコリ Cribraria tenella またはその近縁種だと思います。 この仲間の子実体の子嚢壁には網状構造があり、上の写真ではその網の交点が小さな黒い点として見えているのだと思います。

(2020.7.22. 箕面公園)