2019-05-22

エゾキンモウゴケ


 写真はエゾキンモウゴケ Ulota japonica のようです。 カラフトキンモウゴケにそっくりですが、帽の毛は少ないようです。 いただいたコケで、樹幹についていたらしいのですが、産地を聞くのを忘れていました。
 写真は4月上旬の状態です。 撮影は済ませていたのですが、いろいろと忙しく、ブログに上げるために整理するのが今日になってしまいました。



 上は乾いた状態で、カラフトキンモウゴケなら葉が著しく捲縮しますが、ゆるく巻いているだけです。


 葉の基部はカラフトキンモウゴケのように広くはなりません(上の写真)。


 葉身細胞は丸みを帯びて厚壁で、パピラがあります(上の写真)。


2019-05-17

リュウキュウミノゴケ


 上はリュウキュウミノゴケ Macromitrium ferriei のようです。 石垣についていました。 帽は取れていますが、同属のミノゴケ同様、帽には上向きの長毛があり、よく似ています。


 上は湿った状態です。 ミノゴケは湿って葉が開いても葉先が腹側に曲がっていますが、本種はほとんど曲がりません。
 茎が長く這い、多くの短い枝を出し、その枝に密に葉をつけている様子は、ミノゴケとほとんど変わりません。


 枝葉は、ミノゴケは舌形ですが、本種は披針形です(上の写真)。 長さはミノゴケとほとんど変わりません。 パピラの多い部分は暗くなっています。


 上は葉身細胞で、長さは10μm以下、3~5個のパビラがあり、細胞の輪郭は分かりにくくなっています。


 上は葉の基部近くの細胞で、パピラは無く、細胞は細長くなっています。

(2019.5.6. 奈良県 吉野山)

2019-05-16

オオミゴケ


 写真は石垣についていたタチヒダゴケ科のオオミゴケ Drummondia sinensis です。 胞子を出して空になった蒴に水が入り込んで美しく見えているのはオマケです。


 あちこちに取れた帽が引っかかっています。 帽は、鐘状ではなく、僧帽状です。

 上の2枚は水に濡れていますが、下は乾いた状態で、葉は枝に接着しています。


 上の写真には帽のついた蒴もありますし、蓋のついている蒴もあります。 蓋には斜めに出る長い嘴があります。 蒴口には短い蒴歯が並んでいます。


 上は群落から一部を取り出したものです。 茎は這い、短い枝をたくさん上方に出しています。


 上は蒴から胞子が出ているところですが、他の蘚類の胞子と比較すると、とても大きな胞子です。 和名の「オオミ」は「大実」で、この胞子のことではないかと思います。


 上は胞子です。 通常、胞子は1細胞ですが、オオミゴケの胞子は多細胞になっていて、長径は 50μm以上もあります。


 枝葉は舌形で葉先は急に鈍く尖り、中肋は太くて葉先近くに達しています(上の写真)。


 葉身細胞は楕円形で厚壁、長さは内径で8~13μmです(上の写真)。

(2019.5.6. 奈良県 吉野山)

2019-04-30

ジングウホウオウゴケ


 コケ観察会で、上のような小さなホウオウゴケをみつけていただき、調べたところ、ジングウホウオウゴケ Fissidens obscurirete でした。 私が見つけたのではありませんので、場所の写真はありませんが、育っていたのは薄暗い谷間の湿った斜面の土上だったとのことです。


 葉の長さは、長いもので1.4mmほどあります。 胞子体は頂生しています。 蒴柄の長さは、平凡社の図鑑では1.5~3mmとなっていますが、上の写真では4mmほどあります。長そうなものを選んだのは事実ですが・・・。


 葉は3~5対のものが多かったのですが、平凡社の図鑑では3~12対となっています。 中肋は透明、明瞭で葉先から短く突出しています。 舷は無いように見えますが・・・


 よく見ると蒴柄近くの葉の腹翼に数列の細胞からなる舷があります。 このままでは葉が重なり合っていて分かりづらいので、葉を1枚剥がして腹翼を中心に撮ったのが下です。


 剥がす時に破れてしまいましたが、腹翼に舷があることは、はっきり分かります。


 上は上翼の葉身細胞で、長さは5~8mm、多くの小さなパピラがあります。

(2019.4.21. 堺自然ふれあいの森)

2019-04-11

チヂミカヤゴケ(雄株)


 太い木の枝に着生していた上の写真のコケ、このような苔類は腹面(基物に接している側)を観察しなければ同定できません。 以下に書く観察の結果はチヂミカヤゴケの雄株のようでした。
 チヂミカヤゴケ Pollera ulophylla は雌雄異株で、雌株はその名のとおりクチャクチャに縮れています(こちらこちら)。 しかし雄株はほとんど縮れません。


 上は腹面からで、腹片にピントを合わせています。 平凡社の図鑑では、チヂミカヤゴケの腹片に関しては、「雌株では舌形で,雄株では三角形,ともに稀に袋状」となっています。 上のように袋状の腹片が続くことは稀なようです。


 上は腹葉ですが、わかりにくいので、赤い線を入れてみたものを下に載せておきます。


 腹葉は茎の2倍ほどの幅で全縁、先端は外曲しています。


 上は葉身細胞です。 油体は小さな楕円体です。

(2019.3.13. 兵庫県三田市)