2022-09-30

ムラサキミゾゴケ


 上はフォーリーイチョウゴケとムラサキミゾゴケの混生だと思います。 今回はこのうちのムラサキミゾゴケ Marsupella sphacelata の観察結果です。

 平凡社のこの仲間の検索表では植物体の長さが5mm以上か以下かで分けられていますが、本種は写真のように5mm以上あります。

 濡れていて少しわかりにくくなっていますが、横から見ると、葉は基部では茎に圧着し、中部以上は反り返っています。


 葉にはキールはありません。 葉縁の外曲はわずかです。

 上は葉身細胞です。 細胞の大きさより明らかに小さいトリゴンがあります。

(2022.9.5. 北八ヶ岳)

2022-09-29

ナンジャモンジャゴケ

 写真はナンジャモンジャゴケ Takakia lepidozioides です。 前に見たときは岩の横についていて垂れ下がっていましたが(こちら)、今回は岩と土の境に育ついろいろなコケ(多くは枯れたコケ)に絡まるようにして上を向いて育っていました。
 葉は棒状で、多くは2本ずつ対になっています。


 茎の下部からは鞭枝が出ています。 茎の下部や鞭枝のあちこちに少し土やゴミなどがついていますが、その部分を拡大すると・・・


 茎の下部や鞭枝のあちこちには、粘液細胞が束生しています。

 上は葉の一部の拡大です。 葉緑体を持った細胞の周囲を透明な細胞が包み込んでいるように見えます。

(2022.9.5. 北八ヶ岳)

2022-09-28

ツブツブヘチマゴケ

 写真はツブツブヘチマゴケ Pohlia drummondii でしょう。 無性芽をつけています。
 秋山ら(下記参考文献)によれば、報告は少ないものの、日本の冷温帯に広く分布しているようです。

 葉腋の無性芽は必ず単生です。 無性芽の色は若い時は薄緑色で、次第に赤みを帯びはじめて・・・


 黒みを帯びた赤色の塊茎状の無性芽になります。

 上は無性芽を横から見ていて、左下が基部になります。 無性芽は実体双眼で撮るには小さすぎ、光学顕微鏡で撮るには厚すぎて真っ黒になってしまいますので、上のようなぼやけた写真が精一杯です。
 無性芽の鱗片状の葉(じつは葉原基)は無性芽の中央より基部側にもついています。 このことがマルミノヘチマゴケの無性芽との良い識別点になります。


 葉は披針形で長さ 1.5~2cm、基部は下延しています。 葉先が少し鎌状に曲がる傾向があるようです。

 葉先近くの葉縁には鋸歯があります。 中肋は葉先に終わっています。

 上は葉の基部です。 中下部の葉縁は外曲する傾向にあるようです。

 上は葉の中央の葉身細胞です。

(2022.9.4. 北八ヶ岳)

【参考文献】
秋山弘之・山口富美夫:無性芽を有するヘチマゴケ属(ハリガネゴケ科,蘚類)の研究1.日本産キヘチマゴケとその近縁種の再検討.蘚苔類研究9(9).2008

2022-09-27

ダチョウゴケ

 

 写真はダチョウゴケ Ptilium crista-castrensis です。 蒴もついていました。

 上の茎の長さは 13cm、大形のハイゴケ科です。 規則的に密に羽状分枝しています。
 上の写真にも蒴が写っています。 蒴柄の基部は茎に隠されて分かりませんが、蒴柄の長さは3cmほどでした。

 茎葉も枝葉も密につき、強く鎌形に曲がっています。 、葉は重なり、葉の基部は茎や枝に密着していますので、葉の形は取り出さないと分かりません。

 上は茎葉です。 深い縦じわがたくさんあります。 中肋は2本で短いか、不明瞭です。

 上は茎葉の翼部です。

 葉身細胞は厚壁で、長さは35~50μmです(上の写真)。

 上は蓋のある蒴です。 蓋には短い嘴があります。

 上は古い蒴です。 内蒴歯が見えていませんが、蒴歯は完全です。

(2022.9.5. 北八ヶ岳)

◎ ダチョウゴケはこちらにも載せています。

2022-09-26

カオジロヒゲナガゾウムシ

 

 少し腐りかけたコナラの伐採木にいた逃げ回る小さな虫、最初上の写真を撮った時は、何の仲間か見当がつきませんでした。 ところが横から撮ってみると・・・

 白っぽくて細長い顔が下に伸びています。

 カオジロヒゲナガゾウムシ Sphinctotropis laxus はヒゲナガゾウムシ科に分類されています。 成虫は6月~9月に見られます。 幼虫は朽木の中で育つので、産卵のためでしょうか、成虫は枯れ木に集まるようです。

★ 上は 2013.9.26.に「堺自然ふれあいの森」で撮影し、Part1の 2013.10.3.に載せていた記事を、少し追加訂正のうえ、こちらに持ってきました。