2019-09-24

アリノオヤリ


 上はアリノオヤリ Tetraphis geniculata です。 2本の胞子体が重なってしまいましたが、若い胞子体の蒴柄は真っ直ぐで、胞子体がある程度伸びると、蒴柄は「く」の字に曲がります。


 蒴をつけている株の茎はあまり伸びないようです。 上の写真では、乾燥で葉が少し縮れかけています。


 上は蒴で、蒴歯の見えている状態(左)と帽を被っている状態(右)です。 本種はヨツバゴケ科に分類されていて、蒴歯は4本ですが、上の写真では1本の蒴歯の先端の一部が欠けているため、5本のようにも見えています。


 上の写真は、濡れたまま撮ったので葉が光ってしまいましたが、茎の先端の葉が他の葉より細く、苞葉となっていて、黄色のものを包み込んでいるように見えます。 この部分の手前の葉を取り除いて顕微鏡で観察すると・・・


 苞葉が包んでいたのは造精器でした。 細長い糸状のものは側糸と呼ばれていて、造精器や造卵器の周囲に見られるものです。


 上が包まれていた造精器の1つです。


 無性芽は茎の先に幅の広い葉がカップ状に集まった所に作られます(上の写真)。


 葉は卵状披針形で、中肋は葉先に届いていません。


 上は葉身細胞です。

(2019.9.14. 北八ヶ岳)

◎ 明日はアリノオヤリの蒴柄はなぜ曲がっているのか、考察してみますが、たわごとになるかもしれません。

2019-09-23

ケナシチョウチンゴケ



 写真はケナシチョウチンゴケ Rhizomnium nudum です。 湿った所に落ちた枯枝の上にびっしりとついていました。
 横から見ると、2枚目の写真のように、茎には毛つまり仮根がびっしりとついています。 にもかかわらず、「毛無し」とは!?
 ウチワチョウチンゴケ属( Rhizomnium )に分類されているコケは、全てたくさんの仮根を持っています。 属名も、rhizoは「仮根」、mniumはチョウチンゴケ属のことですから、「仮根の目立つチョウチンゴケ」といった意味になるでしょう。 「毛無し」の意味は、仲間のケチョウチンゴケなどのように葉の上にまで毛(仮根)がいっぱい見られるものに比較してのことでしょう。


 上は生殖器官をつけていない茎の葉です。 中肋は葉先に届いていません。


 上は葉先付近で、左下に中肋の先が少し写っています。 舷の細胞は、葉先ではほぼ1列になっています。


 上は葉の中央付近で、右下に中肋が走っています。 中肋の伸びている方向を縦とすると、葉身細胞は横に長くなっています。


 上は葉身細胞です。

(2019.9.14. 北八ヶ岳)

2019-09-22

コアミメヒシャクゴケ



 日本産のヒシャクゴケ属( Scapania )は26種、よく似たものも多く、難しいのですが、写真のコケはコアミメヒシャクゴケ Scapania parvitexta だろうと教えていただきました。


 腹片は細長く、長楕円形で円頭、縁全体に歯があります。


 よく分かりませんが、葉のキールに翼は無さそうです。 腹片の腹縁基部はあまり下垂していません。


 葉縁の歯は長披針形、葉身細胞の長さは12.5~15μmです。

(2019.9.14. 北八ヶ岳)

2019-09-21

フォーリーイチョウゴケ


 写真はフォーリーイチョウゴケ Lophozia longiflora だと思います。 ちなみに、フォーリーはフランス人宣教師で、明治期に日本で植物採集を熱心に行っています。


 葉はゆるく重なっています。 上の写真では茎が黒くなってしまい、腹葉の有無が分かりづらくなっていますが、腹葉は確認されませんでした。


 葉は 1/3ほどV字~放物線状に2裂し、裂片は鋭頭、側縁はわずかに円弧状に張り出しています。


 上は葉身細胞です。 油体は微粒の集合です。
 本種とよく似たタカネイチョウゴケは、側縁の張り出しがもう少し強く、油体には眼点があります。

(2019.9.14. 北八ヶ岳)

2019-09-20

岩上のスギゴケ



 岩から垂れ下がるコケ、葉先は短く芒状になっています。 厚くみえる葉の様子からスギゴケ科だろうとは想像できますが、種名が思い浮かびません。 持ち帰って調べてみると、スギゴケ Polytrichum juniperinum のようでした。 スギゴケは土の上に育つコケで、図鑑などに載せられているスギゴケに比較すると、とても小さなサイズになっていました。


 茎の高さは1cmあまり、葉の長さは3mmほどです。 平凡社の図鑑では、茎は高さ3~10cm、葉の長さは芒を除き4~9mmとなっています。 新しい葉は緑色で芒は白色ですが、(昨年の?)古い葉(枯れてはいません)は褐色で芒も褐色です。 そして、その下の茎だけのように見える所も、よく見れば葉の基部が残っていますから、年々新しい葉をつけながら伸びているように思います。 これで4年目かもしれません。


 乾いて茎に接着している褐色の葉を起こしてみました(上の写真)。 鞘部は半透明で、そこから披針形に伸びる部分では、葉の縁が左右から腹面を覆い、その隙間が溝状に見えています(黄色の矢印の部分)。


 上は葉の披針形に伸びる部分の横断面です。 葉の幅も、よく見られるスギゴケよりは狭いようですが・・・。
 このように葉縁が内側に折り畳まれて薄板の上を覆うスギゴケ属には、スギゴケ、ハリスギゴケ、ノルウェースギゴケがあるのですが、ハリスギゴケはその名のとおりもっと芒が発達していて芒は白色ですし(こちら)、ノルウェースギゴケは、よく分からないのですがも葉縁が内側に折り畳まれるのは葉の上部に限られるように思います。
 下は薄板の様子がよく分かるように、上の一部を拡大したものです(少し回転させています。)


 薄板の高さは6~8細胞で、頂端細胞はフラスコ形をしています。


 上は鞘部の細胞です。


 上は、葉(の鞘部)に抱かれた茎の断面です。 茎には中心束が見られます。 中心束の右下にある色の濃い細胞の集団はレプトーム(leptome)と呼ばれる部分でしょう。 レプトームはスギゴケの仲間に見られる組織で、有機物の通導が行われているとされています。

(2019.9.14. 北八ヶ岳)

2019-09-19

オオフサゴケ



 写真のコケは、オオフサゴケ Rhytidiadelphus triquetrus です。 土を被った岩上から立ち上がり、茎頂を少しうつむき加減にして育っていました。
 上の写真では実際の大きさが分かりにくいので・・・


 10円硬貨と比較してみました。 かなり大きなコケで、不規則な羽状に分枝しています。 若い茎は赤いのですが、次第に黒ずんでくるようです。


 茎葉の長さは4mm前後あります。 枝葉は茎葉と似た形で、やや小型です。


 葉の基部は茎を両側から抱いていますので、カバーグラスをかけると、どうしても折り畳まれてしまいます。 中肋は細くて肉眼では分かりにくいのですが、2本あり、葉の中部以上に達しています。
 葉が大きいので、上の倍率では細部まで分かりませんが・・・


 上部の葉縁には鋭い歯が並んでいます。


 葉の上部の背面では、多くの細胞の上端が刺状に突出しています(上の写真)。


 葉身細胞は線形です。

(2019.9.14. 北八ヶ岳)

2019-09-17

チャケビラゴケ



 上はチャケビラゴケ Radula brunnea を腹面から撮った写真です。 葉を含めた茎の幅は2mmほどでした。 葉は背片と腹片からなり、その直下から、小さな葉を3~5対つけた短い枝(尾状枝と呼ばれています)を出しています。 背片は卵形で全縁、腹片は円形で背片の1/2ほどの長さです。 腹葉はありません。
 このコケは、私は見つけられず、M氏が採集されたものを撮らせてもらっただけですので、育っている所の写真も、顕微鏡レベルの写真もありません。

(2019.9.14. 北八ヶ岳)

2019-09-12

ニブハタケナガゴケ


 写真はニブハタケナガゴケ Ectropothecium obtusulum のようです。


 上が育っていた場所で、溝の底面の黒っぽく見えているのが本種です。 人家の近くの溝ですが、近くに山があって勾配があり、やや急な流れです。 ちなみに、水近くの緑色をしたものはカマサワゴケでしょう。


 1枚目の写真は葉のある枝を選んで撮ったのですが、実際には葉のある所は少なく、葉の無い黒っぽい茎や枝が多く、2枚目の写真のように、離れて見ると、全体的に黒っぽく見えていました。 本種の生育にとって最適な環境とは言えない場所なのかもしれません。


 平凡社の図鑑では、「翼部には大形で透明な薄壁の細胞が1個ある。」と書かれています。 上の写真の赤い矢印の細胞かもしれませんが、はっきりしません。


 上は葉身細胞です。 平凡社の図鑑では細胞の長さは 80~100μmとなっていますが、上の写真では 30~60μmほどしかありません。 十分伸びることのできない環境なのでしょうか。

(2019.9.11. 兵庫県宝塚市平井)

2019-08-27

NHK文化センター神戸教室で1日講座を行います


 「探検!ミクロな生物の世界~そよ風氏の理科の時間~」のタイトルで、NHK文化センター神戸教室で1日講座を行います。
 最近のこのブログはコケが中心になっていますが、数年前は、むしろ小さな昆虫を中心に、写真で紹介してきました。
  これらコケ植物や小さな昆虫などは、すぐ身近にいても小さすぎて気づきにくい存在ですが、よくみればなかなかおもしろい驚きの世界です。 今回はそんな世界を2時間のダイジェストにして紹介するとともに、そんな世界が私たちの日常の生活とも密接につながっていることなどをお話ししようと思っています。 ぜひご参加ください。

 申し込み等詳細はこちらからお願いします。


 

2019-08-26

ホソミズゴケ


 大阪市立自然史博物館の「標本の名前を調べよう」で分けていただいたホソミズゴケ Sphagnum teres です。 水に浸かることの多い場所に育ち、平地から高山帯まで分布しますが、産地は少ないようです。
 枝の付き方はやや疎で、なまえのとおりスリムな印象を受けます。


 ミズゴケの仲間としては中型で、枝葉は長さ1~1.5mmで、先端はやや反り返っています。


 上は開出枝の枝葉で、卵状披針形です。


 上は枝葉背面の中央部です。 写真の右上が葉先方向ですが、透明細胞の先端に大きな孔があり、これが本種の特徴の1つです。


 上は枝葉の中央部を腹面から撮ったものです。


 上は枝葉の横断面です。 葉をまとめて切断したので、上は3枚の葉の断面が写っています。


 上は茎葉ですが、右側の上部が折れ重なってしまいました。 下は別の茎葉の右側上部の拡大です。


 茎葉の先端部は総状に裂けています。 写真の下には舷が見えています。


 上は茎の断面です。 表皮細胞は2(~3)層で、表皮に孔は見られません。