2017-06-27

ナンジャモンジャゴケ


 ナンジャモンジャゴケ Takakia lepidozioides は 1951年に初めて採集されました。 当初は他に類を見ない形態に加え、生殖器官も胞子体も発見されず、蘚類か苔類かも不明で、和名はそのことに由来します。 その後、ヒマラヤで発見された同属のヒマラヤナンジャモンジャゴケに胞子体が発見され、その形態から蘚類であることが確定的になりました。




 葉は棒状です。

(2017.6.13. 北八ヶ岳)

0 件のコメント:

コメントを投稿