2016-11-03

ヤマトヒラゴケ


 崖から垂れ下がっていた写真のコケ、ゴミがついているうえに乾いていてよく分かりませんが・・・


 湿らせてほぐしたものが上で、ヤマトヒラゴケ Homalia trichomanoides var. japonica のようです。 葉は扁平についていますが、枝先は葉が小さくなり、尾状に細くなっています。 また茎から細い鞭枝が出ています(上の写真の下やや左)。


 上は枝の一部を顕微鏡で見たものです。 下は1枚の葉の様子がよく分かるようにさらに拡大したものです。


 中肋は葉の中部にまで伸びています。 葉先は広く尖り、葉の上部には微歯があります。


 上は葉の先近くの、下は中肋が終わるあたりの葉身細胞を見たものです。 葉身細胞は菱形~長い六角形です。


(2016.10.12. 貴船神社奥の林道)

0 件のコメント:

コメントを投稿