2017-06-11

チヂミカヤゴケの“花”と葉身細胞


 チヂミカヤゴケ Macvicaria ulophylla は前に載せていますが(こちら)、蒴が花のように美しく裂けていましたので載せておきます。 上は乾いた状態で、下は雨に濡れた状態です。


 チヂミカヤゴケの蒴は球形で、8裂しています。

 また、前回は葉身細胞を載せていませんでしたので、下に載せておきます。


 クラマゴケモドキ科の油体は種による違いがほとんど無く、小さい楕円体の油体が均質に各細胞に数十個見られます。

(2017.6.7. 大津市坂本)

0 件のコメント:

コメントを投稿