2017-06-18

ソリシダレゴケ


 上の写真、樹幹から垂れ下がる紐状のコケはハイヒモゴケ科のコケでしょう。 図鑑の記載とは少し異なる特徴も見られるのですが、とりあえずサメジマタスキ Pseudobarbella attenuata としておきます。 ソリシダレゴケ Chrysocladium retrorsum だったようです。 メールで教えていただきました。


 枝は乾くと湾曲します。 葉の長さは2mmあまりです。 中部で背方に反り返っている葉が混じっています。


 上の写真程度の拡大で、パピラの存在が分かります。 最初に同定が誤っていたことを書きましたが、平凡社の図鑑の葉身細胞の図にはこのパピラが描かれておらず(描き漏れ?)、候補から外していました。



 葉は広卵形で、先は細く漸尖して毛状に伸びています。 葉基部の両翼は耳状になっています。 葉縁には全周に歯があり、中肋は葉の中部に達しています。



 葉縁の歯は上方ほどより大きく鋭く、下方に曲がる歯も多く見られます。 葉身細胞の中央に1個のパピラがあります。


 葉身細胞は長い菱形で、25~32㎛ほどの長さがあります。

(2017.6.7. 大津市坂本)

0 件のコメント:

コメントを投稿