2016-03-14

ミズシダゴケ


 写真はミズシダゴケ Cratoneuron filicinum です。 湧水でいつも水があるような浅い水たまりに育っていました。 蒴は稀なようです。
 和名は分かったような分からないような・・・。 ミズ(水)は分かりますが、なぜシダなのかが分かりません。 「ミズシダ」はミズワラビの別名として使われることもありますが、ミズワラビとはとても似ているとは思えません。 スギナやミズトクサに似ているということなのでしょうか。


 這った茎は立ち上がり、不規則に長さの不揃いな枝を出しています。


 写真の群落では高さは数cmのものばかりでしたが、長さが10cmに達するものもあるようです。


 上は茎の拡大です。 茎には、茎葉以外に、小さな葉状の毛葉がたくさんついています。


 上は茎葉です。 葉先は鋭頭で、弱く鎌形に曲がっています。 中肋は葉先近くに届いています。 葉の基部は広く茎に下延し、その部分の細胞は大きくて透明です。
 赤い円内は、茎葉のプレパラート作成時に混入した毛葉です。


 葉縁は全周に小さな目立たない歯があります。

 以下は毛葉の顕微鏡写真ですが、毛葉の形は様々ですので、3枚載せておきます(倍率はほぼ同じです)。




(2016.3.9. 京都市 菩提道)

0 件のコメント:

コメントを投稿