2016-03-18

コハイゴケ


 樹幹に育つコハイゴケ Hypnum plumaeforme var. minus、地表から2mほどの所でした。 ハイゴケはあまりこの高さにまでは登ってこないでしょう。


 上は樹幹からはがして横から見たものです。 羽状分枝した枝は湾曲して立ち上がっています。
 学名から分かるように、コハイゴケはハイゴケの変種とされています。 ハイゴケに比較すると、少し小形で、葉の鎌形の曲がりも弱いようです。

(2016.3.13. 奈良県 川上村)

0 件のコメント:

コメントを投稿