2016-03-15

カタシロゴケ


 写真はカタシロゴケ Syrrhopodon japonicus です。 スギの下部の樹皮に生えていました。 葉の先の褐色の粒は無性芽のあった所です。


 上はもう少し引いて撮ったもので、白っぽいのはホソバオキナゴケです。


 上は湿った状態(左)と乾いた状態(右)の比較です。 乾くと葉がゆるく巻縮しますので、大きさがずいぶん違って見えます。


 茎の高さは、上の個体では1cm足らずですが、良く伸びたものでは時に3cmに達するようです。


 葉の長さは4~6mmです。 上の写真の葉も 4.5mmほどです。 中肋は葉先に達しています。


 上は葉の先端部を背面から見たものです。 葉縁にも歯がありますが、中肋にも歯が見られます。


 上は倍率を上げて中肋の歯にピントを合わせたものです。


 葉の上部~中部の葉縁には歯が見られます。 上の写真の葉はねじれていますが、赤い四角の部分を拡大してみたのが下で・・・


 葉縁の歯は双歯になっています。


 葉の基部の中肋の両側には、上の写真のような網目状組織が見られます。

(2016.3.13. 奈良県 川上村)

0 件のコメント:

コメントを投稿