2016-03-29

ヒョウタンゴケ


 写真はヒョウタンゴケ Funaria hygrometrica でしょう。 多くの場合、蒴は初夏につけるようですが、たくさんの蒴をつけていました。



 どうしても特徴のある蒴の方が気になります。



 葉は茎の上部に集まってついています。 上の写真の葉の長さは3mmほどですが、もう少し長くなる場合もあるようです。


 大きな胞子体をたくさんつけて、植物体(配偶体)は弱っていて、葉もみすぼらしくなっていたので、今回の葉の写真は白黒写真に近い偏光で撮ったものにします。


 上は葉の上部の拡大です。 平凡社の図鑑の検索表では、ヒョウタンゴケの葉は全縁で、中肋は葉先に達しますが、葉の上半部の縁に細かい歯があり、中肋は葉先に届かないのはヤマトヒョウタンゴケ( Funaria japonica )となっています。 微妙ですね。

 ヒョウタンゴケは重金属を細胞内に取り込む性質があり、その性質を高めた変異株による活用が期待されています。

(2016.3.13. 奈良県 川上村)

0 件のコメント:

コメントを投稿