2017-11-26

イソフサヤスデ

 Part1 2014.3.7. からの引っ越し記事です。
----------------------------------------------------------



 フサヤスデの仲間は複数いるのですが、海水の影響を受ける場所にいて、頭部が黒いので、イソフサヤスデで間違いないでしょう。 大阪府南部の男里川河口の石の下にいました(2014.2.24.撮影)。 体長は、いろいろな個体が混じっていますが、尾端の毛束を含めず、1.5~2.5mmほどでした。

※ 同じフサヤスデの仲間のハイイロチビフサヤスデとウスアカフサヤスデをこちらに載せています。