2015-09-04

ツノホコリ類の一種

 高地では早くも初雪が降り、切株に残る雪が・・・


 とまでは急には涼しくはならず、写真は 2015.8.24.の堺自然ふれあいの森です。


 白く見えていたのは、近寄ってみれば白く細いチューブ状のものの集合体、原生粘菌のツノホコリ類(?エダナシツノホコリ)です。


 原生粘菌は、昨日記事にした粘菌類に近縁で、原生粘菌類のなかでは最も大型になるツノホコリ類は、近年まで粘菌類として扱われていました。
 原生粘菌類も、粘菌類同様に、単細胞のアメーバ状の時期も、変形体の時期も、写真のような子実体形成の時期もあります。 しかし多くの原生粘菌類では1胞子から4つ以上のアメーバまたは鞭毛を持った細胞が生まれることや、子実体1個の胞子嚢に含まれる胞子が1~2個と少ないことなど、粘菌とは異なった特徴が見られます。


 白いチューブ状のものは「担子体」と呼ばれていて、内部は粘液で満たされています。 担子体の表面は、小さな子実体で埋め尽くされています。 上の写真で、飛び出て分かり易い1つの子実体を橙色の円で囲んでおきました。 柄の上の小さな球形の部分が胞子嚢で、中に胞子が入っています。 子実体の大きさは、0.03mmほどです。

 このブログの Part1では、原生粘菌として、写真のものよりチューブの長さの少し短めのもの(?ツノホコリ)や、球形の担子体の集合体を作るタマツノホコリを載せています。

0 件のコメント:

コメントを投稿