2015-09-18

スズゴケ


 写真は樹幹についていたスズゴケです。 上の写真でも左下に写っていますが、よく見ると蒴があちこちに付いています。



 蒴柄はその多くの部分が苞葉に隠され、蒴も比較的小さく、肉眼ではなかなか見つけられません。 蒴歯は上の写真では一部カウントが難しい所もありますが、蘚類の蒴歯の数は倍々になっていきますから、8でも32でもなく、16でしょう。


 湿らせると、葉が広がり、鮮やかな緑がよみがえります。


 上は葉の全形です。 中肋は弱く、はっきりしませんが、葉の中ほどにまでのびているようです。



 葉の先端部と基部の細胞の様子を上に載せておきます。

(2015.9.13. 京都市 宝が池公園)

0 件のコメント:

コメントを投稿