2016-01-21

クシノハゴケ


 枯れたジャゴケを覆うように、クシノハゴケ Ctenidium capillifolium が育っていました。 ジャゴケの背面の模様が良いものさし代わりになっています。


 葉は密につき、斜めに開出しています。


 帽には長毛がつきますが・・・


 上の写真のように長毛が目立たない帽もたくさん混じっています。


 蓋には短い嘴があります。


 葉は三角形で非相称、先は次第に細くなり、尖ります。 縁は全周に細かい歯があり、中肋は短い2本からなります。


 葉身細胞は線形です。

(2015.12.27. 堺自然ふれあいの森)

◎ クシノハゴケはこちらにも載せています。


0 件のコメント:

コメントを投稿