2016-05-22

フジウロコゴケ


 写真はフジウロコゴケ Chiloscyphus polyanthos です。 多くの場合は清流中でもつれあっているコケですが、広げて撮りました。 茎は不規則に分かれていて枝は少なく、仮根はほとんどありません。


 葉は互いに少し接し、茎に縦についています。 葉の縁は全縁で、葉頂は円くなっています。



 腹面には上の写真のような小さな腹葉があります。 腹片はありません。


 上は葉身細胞です。 長時間暗い所へ放置していたため、ほとんどの葉緑体が細胞壁に寄ってしまいました。 それでも細胞壁は薄く、トリゴンも発達していないことは分かります。

◎ このコケは KOBEコケ展で生品展示されていたものを、出展者にお願いし、少しいただいたものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿