2017-02-19

ゼニゴケの精子


 ゼニゴケの雄器床に水を垂らすと、たくさんの精子が雲が湧き立つように出てきました。(写真の右下の白い部分は水に光が反射したものです。)


 上が精子を出した雄器床です。 精子を出した後に乾かして撮りましたので、少し皺がよっています。 1枚目の写真は、ほぼ上の赤で囲んだ所です。

 精子で白濁した水をスポイトで取って顕微鏡で観察すると・・・


 造精器から出たばかりの状態で見られるものの多くは精細胞( 精子は細胞壁の中をグルグル回っています:上の写真では丸く写っています )です。 しかし細胞壁から抜け出して泳ぎ出す精子もいます。 上の写真の中央には泳ぎ出した精子が写っているのですが、このままでは分かりにくいので、墨を入れ名称を書き加えたのが下です。


 精子は凝集した核が大部分を占める長い胴体部を持ち、核に沿うようにスプラインと呼ばれる微小管の束があります。
 頭部からは2本の鞭毛が出ていて、これを動かして進みます。 上の写真では2本の鞭毛の長さが違うように見えますが、これは立体を平面の写真にしているためで、2本の長さは同じです。
 頭部と尾部、それに鞭毛の先には細胞質のかたまりがあり、その部分が膨れて見えています。
 
 下は動画で、開始早々に画面が拡大しますが、拡大後の画面の長辺が約 100μmです。


 倍率を上げれば上げるほど被写界深度は浅くなります。 大きな画面をお持ちの方は、上の動画を中央の“右向き三角”でスタートさせてから、画面右下隅の「全画面」(途切れ四角のアイコン)をクリックしていただくと、少しは分かり易くなると思います。 細くて動くスピードも速い鞭毛はほとんど見えません。

 観察材料にしたゼニゴケ(雄株)は、2017.2.8.に西宮市名塩で採集したものを持ち帰り、雄器托が育つのを待って、今日観察したものです。

◎ ゼニゴケの雄器床の断面などはこちらに載せています。


0 件のコメント:

コメントを投稿