2017-12-11

ハマオモトヨトウの幼虫


 上はハマオモトヨトウ Brithys crini の幼虫です。 触れたために丸まって動かなくなった状態ですが、動かないとどちらが頭部かよく分かりません。 これも頭部を狙われにくくするために役立っているのでしょうか。 注意して見れば、右には少し尻脚が見えていますので、左が頭部だと分かりますが・・・
 ハマオモトヨトウの幼虫は、その名前のとおりハマオモトも食べますが、それ以外にも、アマリリス、スイセン、ヒガンバナなどヒガンバナ科の植物をいろいろ食べるようです。 春から年に2~3回発生を繰り返し、蛹で越冬します。 写真の幼虫も、まもなく蛹になるのでしょう。