2017-12-31

タマゴケの四季



 上は 12月13日に京都の貴船で撮ったタマゴケ Bartramia pomiformis です。 胞子を出し尽くして褐色になり、破れてボロボロになった蒴は、その後に伸びた茎につく新しい葉に隠されようとしていて、その傍らには新しく伸びてきた細い胞子体があります。

 今日は大晦日、テレビからもいろいろと総集編が流れたりしていますので、このブログでもタマゴケの蒴の変化を追いかけてみました。



 2月中旬、タマゴケの蒴が膨れはじめています。 まだ細いままの蒴が混在しているということは、蒴は比較的短時間のうちに膨れるということなのでしょう。 (2015.2.19. 和歌山県 上古沢)


 3月上旬、タマゴケの蒴はすっかり丸くなっていました。 蒴全体が明るい緑色で、帽の取れてしまった蒴もたくさんあります。 上の写真はタマゴケの蒴と水玉の共演を強調するために、少しコントラストを強めてあります。 (2016.3.9. 京都市北山 菩提道)


 蒴の壺の色は濃くなり、蓋には少し透明感が出て来たようです。 (2016.3.13. 和歌山県 川上村)


 蓋に色が付き始めました。 蓋が壺から外れるにあたり、落葉前の紅葉と似たしくみが働いているのでしょうか。 想像を逞しくすれば、蒴歯も死細胞からできていますから、蒴歯が濃い色になるのも同様のしくみかもしれません。 (2016.3.29. 岩湧山)


 蓋と壺の色の差は、ますます明瞭になってきました。 この頃がいちばん“目玉おやじ”でしょうか。 5月上旬ですが、標高が1,000mほどの所ですので、低地より季節の進行が少し遅いようです。 (2015.5.2. 金剛山 山頂)


 5月中旬、蓋は無くなり、蒴歯が見えていて壺には縦じわが現われはじめています。 もう胞子が出はじめているようで、下は上と同じ日の少し離れた場所ですが・・・ (2017.5.10. 高槻市出灰)


 胞子を出すにつれて壺は縮まり、縦じわが深くなります。


 7月中旬、蒴全体がすっかり褐色になっています。 膨れてツヤツヤなのは雨に打たれて水を含み、表面も水の膜に覆われているからでしょう。 (2016.7.13. 京都市 西芳寺川)


 7月下旬、春の遅い標高 2,000m前後の北八ヶ岳でも、褐色でからっぽになったタマゴケの蒴を見る事ができました。

◎ タマゴケの葉の様子や胞子体の生じる位置などはこちらに載せています。


0 件のコメント:

コメントを投稿