2018-02-08

ツクシウロコゴケ



 上はチャボホラゴケモドキ Calypogeia arguta だと思いますが、今までに載せたものに比べると、葉の重なりが大きく、葉が茎につく角度も違います。 コケも特に配偶体は季節や環境に合わせて形態を変化させますから、個体変異の範疇に収まる違いだとは思うのですが・・・。
 コメントをいただき再検討した結果、ツクシウロコゴケ Heteroscyphus planus のようです。 写真を追加し、タイトルも変更します。
 それにしても、平凡社の図鑑には、本種は検索表に載せられていますが、種別の解説文は載せられていません。 検索表に「全国にふつう」とありながら、種別の解説が無いというのは、普通すぎて詳しく説明する必要も無い、ということなのでしょうか。
 なお、ウロコゴケ H. argutus は本種にごく近い特徴を持っています。 本種との違いは、葉端にいくぶん丸みのあることと、葉先の歯が(0~)5~10個で、歯の大きさがそろっているということのようです。


 上の2本の茎は、どちらも右が茎頂なのですが、上は茎頂に向かうにつれて葉が大きくなり、下は茎頂に向かうにつれて葉が小さくなっています。 茎が伸びていく場所のわずかな環境の違いで、葉の大きさは簡単に変化するようです。


 上は腹葉です。 幅は茎径よりやや広く、先は2/3~3/4まで2裂し、側縁には刺歯があります。


  腹葉の基部の片方は葉と合着しています。
 ※ 反射光で撮ったツクシウロコゴケの腹葉の写真をこちらに載せています。


 上は葉身細胞です。 トリゴンは小さく、油体は紡錘形です。

(2018.2.7. 堺自然ふれあいの森)

◎ ツクシウロコゴケはこちらにも載せています。


2 件のコメント:

  1. これは、ツクシウロコゴケかウロコゴケだと思います。

    返信削除
  2. ありがとうございます。よく分からないところもあるのですが、ツクシウロコゴケにしておきました。
    平凡社の図鑑にもう少し詳しい解説なり図なりが欲しいです。

    返信削除