2016-09-03

ヨシナガムチゴケ


 写真はヨシナガムチゴケ Bazzania yoshinagana でしょう。 混じっているウラジロモミ(?)の枯葉と比較しても分かるように、茎葉体の苔類としては比較的大型です。
 上は 2016.7.21.に北八ヶ岳で撮ったものですが、ブナ帯から針葉樹林帯の林内で見られる苔類です。


 上は腹面から撮ったものです。 葉を含めた茎の幅は3~6mmほどあります。 多くの葉の先には3歯があり、 葉を含めた茎の幅は3~6mmほどです。 腹葉の縁は外曲し、葉と腹葉は基部で合着しています。
 上とあまり変わりませんが、深度合成した写真を下に載せておきます。 中央少し左にレンズ方向に伸びる鞭枝があるのですが、29枚の深度合成では、やはりボケたままです。



0 件のコメント:

コメントを投稿