2018-05-15

ケシキスイの一種



 シフネルゴケに混じっていた小さな甲虫、ケシキスイ科 Nitidulidae (の、たぶんヒラタケシキスイ属 Ipidia)だと思いますが、それ以上は分かりません。 体長は 2.3mmでした。 なお、ケシキスイ科の昆虫には、大型のものもいますが、この程度の大きさのものがたくさんいます。
 ケシキスイ科昆虫の食性は多様で、写真のケシキスイも菌類を食べているのか、植物の腐植質を餌にしているのかなど、想像はできますが、分かりません。
 ちなみに「ケシキスイ」の名の由来は、芥子(ケシ)粒のように小さく木の汁を吸うことからのようです。


 ほんの少し後方から撮ると、胸部の縁がシフネルゴケっぽくなっています。

(2018.4.29. 京都市大原)

0 件のコメント:

コメントを投稿