2018-05-29

ササオカゴケ(アオモリカギハイゴケ)



 5月22日のコケサロンでいただいたササオカゴケ Sasaokaea aomoriensis です。 滋賀県の湿田の縁で育っていたそうです。
 今年伸びた新しい茎の先は鉤爪状に曲がっています。


 茎には多くの毛葉があります。 毛葉は基部から2叉しているものや、先が分かれたものも見られます。


 上は茎葉です。 2枚目の写真でも分かるように、鋭頭で、鎌状に曲がっています。 中肋は葉長の3/4以上に達しています。


 上は茎葉のほぼ中央部の葉身細胞です。 線形で、長さは、平凡社の図鑑では 40~60μmとなっていますが、上の写真の細胞は 50~100μmの長さがあります。 生育環境の違いでしょうか?



0 件のコメント:

コメントを投稿