2018-05-06

ツボゴケ



 写真はツボゴケ Plagiomnium cuspidatum でしょう。 コナラの木の下で、枯れ落ちた雄花序などが混じっています。


 直立茎の中ほど~上部からからは匍匐茎が、基部からは新しい直立茎が伸びています。


 葉は上半のみに鋭い歯が並んでいて、中肋は葉先に届いています。


 上は葉先部分の顕微鏡写真です。 舷は明瞭で、歯は単細胞です。


 葉身細胞の大きさにはばらつきがあり、上の写真でも、15μmほどのものから、30μmをはるかに超えるものまで見られます。
 よく似たコツボゴケの葉身細胞は、大きさがより均一です。 もっとはっきりした違いは、コツボゴケが雌雄異株であるのに対し、ツボゴケは雌雄同株なのですが、これは確認できませんでした。

(2018.4.27. 堺自然ふれあいの森)

こちらには匍匐茎のよく発達したツボゴケを載せています。


0 件のコメント:

コメントを投稿