2015-10-22

コモチネジレゴケ




 写真は、京都市市街地のビルに囲まれた樹幹に育っていたコモチネジレゴケ( Tortula pagorum )です。 前に帰化種の苔類であるミカヅキゼニゴケを載せましたが(こちら)、コモチネジレゴケは帰化種の蘚類です。 原産地はオーストラリアと考えられていて、原産地では雄株も雌株も見られますが、日本でみつかっているのは雄株のみです。 雄株からは胞子体は形成されませんから、無性芽(=“子”)のみで分布を広げているのでしょう。 上の写真でも葉腋や茎頂にたくさんの葉状の無性芽が見られます。


 葉は広いさじ形で、中肋は突出して透明尖となっています(上の写真)。


 葉身細胞にはC字型のパピラが見られます(上の写真)。

(2105.10.18.)

0 件のコメント:

コメントを投稿