2015-10-20

アズマゼニゴケ


 写真はアズマゼニゴケ(アズマゴケ:Wiesnerella denudata )です。 和名からは東国に多いイメージですが、むしろ西日本に多いようです。


 上は葉状体の裏側です。 腹鱗片はほとんど透明に近い色をしています。

 ところで、1枚目の写真の葉状体は、丸い雌器托と雄器托を並べてつけています。 黄色っぽいのは精子を出し終わり、役割を終えた雄器托です。 雌器托は受精卵から胞子体を形成し、雌器托柄を伸ばして胞子を散布するという大仕事を控えており、緑色で元気なようです。
 下はこの雌器托と雄器托の断面です。


 上の写真は左が雌器托で、右が雄器托です。 雄器托は上に書いたように精子を放出した後のようで、造精器のつくりも確認できず、スカスカの印象です。
 雌器托の縁の巻き込んだ部分の、少しゴチャゴチャしたように見える所(黄色の長方形で囲った中央付近)に造卵器があります。 この長方形で囲った部分を顕微鏡で撮ったのが下の写真です。


 上の写真の中央のフラスコを逆さにしたようなものが造卵器ですが、卵細胞は既に受精して細胞分裂を繰り返し、若い胞子体になっているようです(細かい細胞がぎっしり詰まっています)。

(2015.10.14. 高槻市 川久保渓谷)

(以下、2017.5.追記)
 2017.5.10.に高槻市出灰で、よく伸びた雌器托をつけたアズマゼニゴケがありましたので、写真を載せておきます。


 まだ裂けていない胞子体も見えています。 後日裂けた胞子体を撮ろうと持ち帰ったのですが、撮影時期を逸してしまいましたので、下に胞子の写真だけ載せておきます。



0 件のコメント:

コメントを投稿