2016-07-11

アオモジホコリ?


 コケの葉腋から垂れ下がっているように見える丸いもの、じつはコケとは無関係で、粘菌(変形菌)の一種のアオモジホコリではないかと思われます。 変形体がコケをよじ登り、そこで子実体を形成したのでしょう。
 アオモジホコリは子のう壁が亀甲状に割れるのが特徴です。 ちなみに和名の「アオ」は、胞子の色が少し緑色を帯びているからです。


(2016.6.28. 堺自然ふれあいの森)

0 件のコメント:

コメントを投稿