2016-07-15

フルノコゴケの蒴

 フルノコゴケ Trocholejeunea sandvicensis は以前にも載せていますが(こちら)、ちょうど胞子を出しているフルノコゴケの蒴がありましたので再登場です。


 上の写真、胞子を出し終えたたくさんの蒴があるなかで、中央左寄りにはまだ開裂していない黒い球状の蒴があり、左上隅にはまだ蒴が顔を出していない花被もあります。


 そんなフルノコゴケ群落の中で、胞子を出しつつある蒴がいくつかありました(上の写真の中央左寄り)。 一般に苔類の蒴の寿命は短く、胞子を出す時期はさらに短時間です。 以下、この胞子の見える蒴を、いろんな角度から撮ってみました。
 なお、上の写真は深度合成していますので、湿ると葉は立つように開くというフルノコゴケの特徴もよく出ています。




(2016.7.13. 京都・西芳寺川)

0 件のコメント:

コメントを投稿