2016-07-03

オオバチョウチンゴケ


 写真のチョウチンゴケ、直立茎と匍匐茎があることから、ツルチョウチンゴケ属 Plagiomnium でしょう。 触るとしっかりとした印象です。


 葉は卵形~楕円形で、長さは5~8mm、上の写真の葉の長さは6mmほどです。


 上は葉の先端部分を撮ったものです。 中肋は葉先に届き、葉の先端は微凸頭です。


 上は葉縁を撮ったもので、歯は不明瞭です。 上の写真の葉の舷は4~5細胞列です。


 上は葉の中央部を撮ったものです。 ツルチョウチンゴケのように中肋沿いの細胞が特に大きいようなことはありません。

 以上のような特徴から、このコケはオオバチョウチンゴケ Plagiomnium vesicatum だと思われます。

(2016.6.15. 大阪府豊能町 初谷)

0 件のコメント:

コメントを投稿