2016-07-28

ホソバコケシノブ


 上はホソバコケシノブ Hymenophyllum polyanthos のようです。 裂片が混み合っているようでキヨスミコケシノブ Hymenophyllum oligosorum も疑ってみたのですが・・・


 葉の裏面の軸上に密生した毛はみつかりません。 上の写真で画面ほぼ中央に1本毛のようなものが見えますが、これも糸くずです。
 なお、大阪付近でもよく見られるコウヤコケシノブとは、脈上の毛だけではなく、葉縁に鋸歯が無いことでも、はっきりと区別できます。


 上は葉の先についていた若い胞子嚢群です。 包膜は全縁です。 上の写真でも、うっすらと環帯の存在が分かりますが・・・


 上は1つの胞子嚢を撮った写真です。 細胞が区別できるところまで拡大すると、できかけの環帯もどうにか分かります。 プレパラート作成時に押しつぶしていますので、左上には四角錐の形をした未完成の胞子が出てきています。

(2016.7.20. 北八ヶ岳)

◎ 成熟の進んだ胞子嚢を持つホソバコケシノブをこちらに載せています。


0 件のコメント:

コメントを投稿