2016-12-15

ヒメタチゴケ


 前に載せたヒメタチゴケ Atrichum rhystophyllum は雄苞葉が目立っていましたが、今回は少なくとも肉眼的には生殖に関するものは見当たりません。 葉の横皺がよく目立ちます。


 葉をもう少し拡大すると、葉の縁以外に、背面(いわゆる葉の裏側)にも歯が見られます(上の写真)。


 上は顕微鏡で葉の背面を見たものです。 歯は横皺の背面から見て高くなっている所に並んでいます。


 上は少し汚れたり傷んだりしていますが、葉の先を背面から撮ったものです。 葉の先近くでは中肋にも歯が目立ちます。


 上は葉の先近くの腹面(いわゆる表側)です。 中肋上に3列の薄板が認められます。葉の縁の歯は対になっています(右側の葉縁でよく分かります)。 葉縁には舷があります。


 葉身細胞は小さく、平凡社の図鑑では中肋近くで長さ 12~18μmとなっています。 上の写真では左が中肋で、下にある最小目盛が 10μmですから、記載とよく合います。

(2016.12.10. 堺市南区鉢ヶ峯寺)

0 件のコメント:

コメントを投稿