2017-03-10

ツリバリゴケモドキ



 写真はツリバリゴケモドキ Bryohumbertia subcomosa です。 乾くと蒴柄はクニャクニャと曲がります。


 植物体は高さ 10mmほどで、葉は針状で長さは5~7mmです。


 上は葉の基部で、中肋は葉の幅の1/3ほどあります。 大型の方形細胞からなる翼部は明瞭に分化しています。


 蒴の帽の下端には白く長い毛があります。


 蒴の蓋の長さは壺と同長以上です。 同じシッポゴケ科のツリバリゴケ属( Campylopus )の蒴も同様に帽の下端に長い毛を持ちますが、蓋の長さは壺よりも短くなっています。


 蒴歯は1列で16本です。


 蒴歯は中部まで2裂し、中部~下部には縦の条が見られます。


 蒴歯の上部は細く、パピラに覆われています。

(2017.3.8. 滋賀県野洲市妙光寺山山麓)

0 件のコメント:

コメントを投稿