2018-01-06

フカヤカタカイガラムシ(幼虫)


 ヤツデの葉の裏にいたウロコアシナガグモが目にとまり、撮った写真を確認して気がついたフカヤカタカイガラムシ Protopulvinaria fukayai の幼虫です。


 注意して見れば、近くの葉にもたくさんいました。 上の写真には、死んでしまったと思われるものも含めると、20頭ほどが写っています。


 上の写真の大きい方で、体長は 1.4mmです。 小さな眼(下の写真)がかわいいですね。

 フカヤカタカイガラムシは、成虫になると体長は3~4mmになり、体の周囲が茶褐色になるものの、体は幼虫とそんなに変わらず、扁平なままです。 オスは見られず、メスだけで単為生殖しているようです。
 カタカイガラムシ科はメスの成虫が成熟すると、その背面が硬くなるものが多いところからの名称ですが、その見かけは極めて多様です。

(2017.12.30. 堺市南区茶山台)

 下は Part1の2014.1.25.の記事として載せていた図ですが、こちらへ引っ越しさせておきます。


(2015.1.15. 堺市南区高倉台)