2015-04-04

コムチゴケ


 写真はムチゴケ科の苔類で、コムチゴケ( Bazzania tridens )だろうと思います。


 1枚目の写真では重なり合っていてよく分かりませんが、ほぐしてみると、茎は二叉状に枝分かれしています。 あちこちから枝分かれの無い根のようなものが出ていますが、これは「鞭枝」と呼ばれているもので、ムチゴケの名前は、この鞭(むち)に由来するのでしょう。
 上の写真は湿らせていませんので葉が少し巻き気味ですが、この状態で植物体の幅(茎+両側の葉)は 1.5mmほどでした。


 葉先には歯が3個あります。 上は腹面(地面に接する側)から撮ったものですが、ほぼ全縁に近い腹葉が見られます。
※ 腹葉の明瞭な写真はこちらに載せています。


 上はまだ若い茎についている鞭枝です。 退化した葉らしきものがついていますから、やはり「枝」なんですね。


 上は葉の細胞を見たものです。 トリゴン(隅の細胞壁が肥厚した構造)はやや小さく、数個の油体が見られます。

(2015.3.31. 畝傍山)

◎ コムチゴケはこちらにも載せています。


0 件のコメント:

コメントを投稿