2016-04-11

コツボゴケ


 写真はコツボゴケ Plagiomnium acutum でしょう。 林の中の道の脇で育っていました。


 同じ属のツルチョウチンゴケなどと同様、コツボゴケは直立茎と匍匐茎の2種類の茎を持ちますが、撮影時(4月3日)には直立茎の元気が良く、匍匐茎は直立茎の下になり、群落を上から見ると、1枚目の写真のように直立茎ばかりが目立ちます。
 葉の横皺はほとんど見られません。


 コツボゴケは雌雄異株です。 雄植物には上の写真のような雄器盤ができていました。 雄器盤は苞葉(雄包葉)に囲まれています。


 上は雄植物の直立茎の縦断面を作り、雄器盤の断面を見たものです(反射光観察:深度合成しています)。 この雄器盤を顕微鏡で見た(透過光観察)のが下の写真です。


 雄器盤にはたくさんの造精器が並んでいます。 細長いのは側糸です。


 上は直立茎の葉です。 この倍率では注意して見ないと分かりませんが、葉の葉縁の上半部のみに歯があります。


 上は葉の先端部です。 葉先は鋭頭で、中肋は葉先に届いています。


 上は葉の中ほどの葉縁近くです。 明瞭な舷があり、歯は単細胞です。 葉身細胞は厚壁で厚角です。

(2016.4.3. 岩湧山)

0 件のコメント:

コメントを投稿