2016-04-19

ヤマトケビラゴケ


 小さな滝近くの岩に張り付くように育っていたコケ、ヤマトケビラゴケ Radula japonica のようです。


 類円形の葉は重なり、葉の長さは 0.6mmほどです。


 上は腹面から撮ったものです。 腹片は方形で、背片の1/2ほどの長さです。 仮根が腹片の中部に側生しています。 腹葉はありません。


 上は背片の細胞です。 各細胞には1(~2)個の油体が見られます。 細胞は薄壁で、トリゴンはほとんどありません。

(2016.4.13. 池田市五月山)

0 件のコメント:

コメントを投稿