2016-04-17

ツクシナギゴケモドキ


 写真はツクシナギゴケモドキ Eurhynchium hians でしょう。


 葉は互いにやや離れてついています。 上は乾いた状態での撮影です。 同じ属のツクシナギゴケと異なり、葉は四方に広がってついていて乾いても扁平にはなりません。


 茎葉の長さは 1.3mm前後のものが多いようです。


 葉は卵形~広卵形で鋭頭、全周に歯があります。 中肋は葉先に届いていません。


 中肋の背面の先端は歯で終わっています。


 葉身細胞は長い6角形~線形です。


 上は蒴柄の一部を拡大したものです。 蒴柄にはパピラが見られます。

(2016.4.13. 池田市五月山)

0 件のコメント:

コメントを投稿