2018-06-20

タニゴケ


 写真はタニゴケ Brachythecium rivulare でしょう。 沢沿いの水飛沫のかかる濡れた岩上に育っていました。 フラッシュを使っていますので奥が暗くなっていますが、写真の左上は水面です。
 平凡社の図鑑では分布は北海道~九州の湿った岩上となっています。


 上がタニゴケの育っていた場所です。


 平凡社の図鑑には「茎はしばしば多くの鞭枝を出す。」とありますが、1枚目の写真を見ても、鞭枝らしきものは見あたりません。 たぶん時期的なものだと思います。


 二次茎の葉の長さは2mmあまりです。


 上は二次茎の茎葉です。 茎葉は卵形で深く凹み、中肋は葉の長さの2/3ほどです。 翼部には大きな矩形の細胞が明瞭な区画を作っています。


 上は葉身細胞で、線形です。


 上は翼部の細胞です(深度合成しています)。

(2018.5.31. 青森県十和田市)

0 件のコメント:

コメントを投稿