2018-06-17

オオクラマゴケモドキ


 岩上を垂れ下がる写真のコケは、少しコハネゴケが混じっていますが、オオクラマゴケモドキ Porella grandiloba でしょう。 背景となっている灰緑色のものは地衣類です。


 背片の長さは1~1.5mmです。


 上は腹面から撮ったものです(深度合成しています)。 背片は舌形で、全縁で円頭です。 腹片は長舌形で、長さは幅の3倍ほどあります。 腹葉は舌形で、幅は茎径の1~1.2倍、長さは幅の約2倍です。 腹片も腹葉もほぼ全縁です。
 下も同様の深度合成した写真ですが・・・


 上の写真のほぼ中央から左右に短い枝が出ていて、その枝につく腹片の葉縁には歯が見られます。 よく見ると、背片にも少し歯がありそうです。 もしかしたら、この枝には生殖器(造卵器または造精器)が作られ、そのような場所では、葉の形態が他の場所とは少し異なるのかもしれません。


 上は葉身細胞です。

(2018.6.13. 高槻市 川久保渓谷)

0 件のコメント:

コメントを投稿