2016-10-18

アカヤスデゴケ



 上の2枚の写真はどちらもアカヤスデゴケ Frullania davurica です。 1枚目は岩にへばりついているもの、2枚目は幾重にも重なったアカヤスデゴケで、両者は同じ群落の端近くと中央近くです。 生長の良い時には黄色味を帯びた緑色になるようです。


 上は腹面から撮ったものです。 大きな腹葉はほぼ円形です。 腹片はあるのですが、大きな腹葉に隠されて、ほとんど見えません。 しかし・・・


 顕微鏡で観察すれば(=透過光で見れば)、腹葉と背片の間にある腹片の存在も確認できます(上の写真)。


 上の写真の中央上の腹葉は破れて穴が開いています。 腹片は多くの場合、この穴の所にある腹片のようにヘルメット形をしています。 しかし写真の下や右上のような細長く伸びた腹片も見られました。


 上は背片の葉身細胞です。

(2016.10.12. 京都市左京区 貴船)

0 件のコメント:

コメントを投稿