2016-10-22

ヒメヒラゴケ


 上はヒメヒラゴケ Neckera pusilla です。 木の幹の窪みに生えていて、うまくライティングできませんでしたが・・・。
 写真ではよく分かりませんが、強い光沢がありました。 一次茎は幹に沿って這っていますので写真には写っていませんが、そこから垂れ下がる二次茎は先端部を持ち上げて水平方向に伸びようとしている姿は、他のヒラゴケ属とよく似ています。


 二次茎は不規則に分枝しています。 葉は密に、やや扁平についています。


 葉の長さは 1.5~2mmほどです。


 葉は卵形~長卵形で、先端は広く尖っています。 上の写真では中肋は一見二叉しているように見えますが、上の方は根元が無く中肋ではありません。


 葉身細胞は長菱形~線形で、厚壁です。

(2016.10.12. 京都市左京区 貴船)

0 件のコメント:

コメントを投稿