2016-10-12

ホソバミズゴケ ①胞子体


 上は7月20日に北八ヶ岳(標高2,000m付近)で撮ったホソバミズゴケ Sphagnum girgensohnii で、褐色の胞子体がたくさん写っています。


 上は胞子体を見上げるようにして撮った写真です。 1枚目写真の褐色の胞子体は、どれも上の写真のように空になっていました。 なお、蒴歯はありません。
 なお、この胞子体を吊るしているのは偽足または柄と呼ばれていて、胞子体そのものは無柄で、他の蘚類とは著しく形態が異なっています。


 まだ偽足が伸びていない、葉と同じような色をした若い胞子体がありましたので(上の写真)、偽足の伸びた“元気な”胞子体を撮ろうと持ち帰りました。


 上は8月7日の状態です。 胞子体は透明な膜状のカリプトラに包まれています。


 そして上が10月10日の撮影です。 胞子体は黒くなり、カリプトラから少し頭を出し、蓋が扁平なことは確認できますが、偽足はそのままです。 なお、カリプトラが白く写っていますが、これは乾いているためで、湿ると透明に近くなります。
 偽足の伸びた写真を撮ろうと今までブログに載せるのを待っていたのですが、このままではホソバミズゴケについていろいろ調べたことを忘れてしまいそうなので、とりあえずこの段階でブログに載せることにします。
 ところで、ホソバミズゴケはいつ偽足を伸ばすのでしょうね。 涼しい所で育てていたのですが、亜高山帯に生育するミズゴケですから、偽足を伸ばさなかったのは栽培環境が合わなかった可能性もあります。 生育地ではどうなっているのでしょうね。

 明日はホソバミズゴケの枝や葉について書くつもりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿