2015-02-27

ナガバチヂレゴケ



 写真はギボウシゴケ科のナガバチヂレゴケ Ptychomitrium linearifolium でしょう。 帽が蒴の中ほどまでを覆った姿が特徴的です。
 ( 4月下旬の、帽も蓋もなくなり、特徴的な蒴歯が現れた蒴の様子はこちらに載せています。 )
 葉は線状披針形で、乾くと、上の写真のように、強く巻縮します。 そして、湿ると下のようになります。


 葉先は鋭頭で、葉の上部に大きな鋸歯があります。 また、中肋は太く、葉の先端の下で終わっています。
 なお、同じチヂレゴケ属のチヂレゴケは、葉が全縁で、帽は蒴の基部までを覆っています。

(2015.2.15. 交野市)

0 件のコメント:

コメントを投稿