2017-07-29

シフネルゴケ


 ヤバネゴケ科のシフネルゴケ Schiffneria hyalina をいただきました。 常緑樹林の根元や倒木上に生育するコケで、和名はドイツのコケ研究者 V. F. Schiffner(1862-1944)に由来するようです。
 ヤバネゴケ科の多くは断面が円柱形の茎に葉をつけていますが、このシフネルゴケの植物体はリボン状です。
 下は上の写真の右下の半円形の葉が連なっているように見える部分を拡大したものですが・・・



 茎と葉の境はよく分かりませんが、透過光で見ると茎に近い所は2細胞層になっているのがわかります。 なお、シフネルゴケには腹葉はありません。


 葉身細胞は方形~多角形、薄壁でトリゴンはありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿