2017-07-24

ハイスギバゴケ


 上の写真、いろんなコケが混じっていますが、丸い葉をつけて長く伸びているのは・・・


 上は腹面から撮ったものです。 1枚目で丸い葉と見えたのは乾燥気味で内曲していたからで、葉も腹葉も先が切れ込んでいます。 あちこちに鞭枝も見られます。 ハイスギバゴケ Lepidozia reptans のようです。
 ハイスギバゴケは北半球の冷温帯に分布するコケです。



 上は背面から撮った葉です。 葉はほぼ1/2まで3~4裂し、各裂片基部の幅は4~8細胞です。


 上は腹面から腹葉にピントを合わせて撮った写真です。 腹葉は1/3ほどまで4裂し、各裂片の基部の幅は2~4細胞です。



 上は鞭枝とその先端の拡大です。 仮根は鞭枝の先から出ています。

(2017.6.15. 北八ヶ岳)

0 件のコメント:

コメントを投稿