2015-08-05

コクサリゴケ


 クサリゴケ科のコクサリゴケ( Lejeunea ulicina )は小さな苔です。 上は他のコケに混じって生えていたコクサリゴケを分離し、顕微鏡( 10×10 )で撮ったものです。
 上の写真から分かるように、背片は楕円形で全縁、鈍頭です。 また上の写真の緑の濃い部分は背片と腹片が重なっている部分で、腹片は背片の半分以上の大きさがあります。
 腹葉は、上の写真の左下に少し見えていますが、下は腹葉にピントを合わせて撮ったものです。 腹葉は茎の1.5倍幅で、1/2ほどがV字型に2裂しています。


(2015.7.15. 高槻市摂津峡)


0 件のコメント:

コメントを投稿