2015-08-17

イワイトゴケ

 この記事は 2017.2.7.に写真を加え、文も加筆訂正しています。


 上はシノブゴケ科のイワイトゴケ( Haplohymenium triste )でしょう。 樹幹についていました。


 葉は湿ると枝に対し90°近くまで開きますが(上の写真の左)、乾くと枝に密着します(上の写真の右)。


 枝は葉を含めて 0.3~0.5mmです。


 葉は上のような倍率ですと、円頭と鋭頭が混じっているようですが・・・


 上の写真のように拡大すると、鋭頭に見えた葉先も尖ってはいません。




 葉は長さ 0.5~1mmで、卵形の基部からやや急に細い舌状に伸びています。 中肋は透明で、葉長の1/2ほどの所で終わっています。


 上は葉の先端付近です。 葉身細胞にはパピラが見られます。


 葉身細胞は方形~六角形で、幅は 8~12μmほどです。

(2015.8.7. 富田林市 錦織公園)

◎ イワイトゴケによく似た同属のコバノイトゴケはこちらに載せています。


0 件のコメント:

コメントを投稿