2016-08-04

クロゴケ



 蘚類の分類では蒴の様子が重視されます。 子孫を作ることに関係した部分は容易には変えられず、それだけ本質的な違いを反映しているということでしょう。
 他の多くの蘚類のように蓋が取れて胞子が出るのではなく、クロゴケの蒴は先端はくっついたままで4裂し(上の写真)、その隙間から胞子を出します。


 クロゴケ Anderaea rupestris はその名のとおり肉眼的には黒っぽいコケです。 北海道から九州までの高地の日当たりの良い岩の上などに生じるコケで、上の写真の黒っぽいのがクロゴケですが、写真の場所は亜高山帯に位置していて、周囲は針葉樹に囲まれています。


 上は左が乾いた状態で、右が湿った状態です。 湿らせると葉が開き、生長している部分は緑色が見られますが、他は色が薄くなる程度です。 1枚の葉の長さは1mmたらずです(スケールの数字の単位はmmです)。


 上は1枚の葉を顕微鏡で見たものです。 鈍頭で、中肋は見られません。

(2016.7.21. 北八ヶ岳)

0 件のコメント:

コメントを投稿