2015-07-20

マエバラヤスデゴケ


 上の写真の岩にへばりついていた苔、岩から剥がして腹面(岩に接していた側)から撮ったのが下の写真です。


 上の写真を見ると、細長い腹片は分かるのですが、腹葉ははっきりしません。 そこで顕微鏡で確認すると・・・


 腹葉は茎の径とほぼ同じ幅で、2枚目の写真では茎と重なってよく分からなかったようです。 しかし長さは幅の2倍ほどもあり、ほぼ1/2まで2裂しています。
 これらの特徴から、この苔はマエバラヤスデゴケ( Frullania inflata )でしょう。 なお、ヒラヤスデゴケはこの苔のシノニムです。

(2015.7.15. 高槻市摂津峡)

0 件のコメント:

コメントを投稿