2015-07-24

ホウライスギゴケ



 ホウライスギゴケ( Pogonatum cirratum )は南方系の種で、日本での自生地は多くありません。


 コスギゴケ属( Pogonatum )の多くは乾くと葉が巻縮します。 ホウライスギゴケも、コスギゴケほどではありませんが、上の写真のように巻縮します。
 ちなみに、この属名 Pogonatum は、ギリシャ語の pogon(髭)を語源としています。



 上は葉の横断面です。 ホウライスギゴケの薄板の高さは2細胞程度です。


0 件のコメント:

コメントを投稿