2015-07-14

ハネムクムクゴケ


 オノマトペをそのまま取り込んだ和名、たしかにむくむくふわふわした印象の苔です。 どこまでが1枚の葉かも分からないのですが、細かい毛がびっしりと生えているようにも見えます。 上の写真は大きさがわかるように、意図的にジャゴケを右に入れて撮りました。 ジャゴケの葉状体背面の模様(“蛇の鱗”)は、いいスケールになりますね。
 ハネムクムクゴケ( Trichocolea pluma )はウロコゴケ目ムクムクゴケ科の苔類です。 長い間、日本にはムクムクゴケ( T. tomentella )1種のみが知られていましたが(平凡社の図鑑にも、この1種のみの記載です)、その後の研究で、現在日本には5種が認められています。 ムクムクゴケは北半球に広く分布するコケで、日本ではもう少し寒冷地に分布し、垂れる姿で、上の写真のような上方へ向かう姿ではないようです。



 上はハネムクムクゴケを腹面(=裏側)から見たもので、茎がよく伸びて葉がまばらについているところでは、1枚の葉を確認することができます。 葉は細かく糸状に裂けています。
 葉(側葉)より小さい腹葉も存在するのですが、葉と同様に細かく裂けていて、両者の区別は付いている位置から判断する方が無難なようですね。


 上の写真のように葉が混んでついているところでは、1枚の葉がどこまでなのかを見極めようとする気も起りません。

(2015.6.17. 岩湧山 標高400m付近)

0 件のコメント:

コメントを投稿